About

わたしたちについて

わたしたちは自分たちのことを
「みんなの創造性を温め、孵化させる」
そんな存在でありたいと思っています。

わたしたちが考える創造性の孵化の定義は、
「ときめきをカタチにして、カタチにしたものを価値にして届ける」ことだと考えています。
誰かがときめきながら熱量をもってカタチにしたものは、
きっと誰かに価値として届くと信じています。

・ときめきや、自分の中に存在する創造性と出会う場の運営
・熱量の摩擦によって創造性が活発になるアクティビティの創出
・創造性の熱量を保温し、発信していくメディアの運営

この3つの柱を軸に、
既成概念にとらわれないオリジナルビジョンを構築し、
社会に新たな価値を提供します。

D-LAND代表 酒井 博基

 

事業について

<クリエイターインキュベート事業>

「やってみたいことをやってみる」
創造性を温めるために、わたしたちがいちばん大切にしていることです。
美大生を中心としたクリエイターたちと自分たちも一緒になって、
ときめいてしまったものをカタチにしながら事業として展開しています。

 

■額装したくなるフリーペーパー「D-LAND PAPER」

美大生のドキドキを育むフリーペーパー「DLAND PAPER」は、年に4回、毎号1万部を発行し、全国の美術系大学や専門学校など約150箇所に届けています。印刷会社藤原印刷の協力のもと、特集に登場するクリエイターとともに、印刷表現の可能性を追求し、額装したくなるほどの美しさを兼ね備えたフリーペーパーを目指しています。
美しいものに出会い、自分の手元に所有し、憧れに憧れることが、次世代のクリエイターの創造性を育む、いちばんのアプローチなのではないかと考えています。

 

■やりたいことをやってみる美大生の部活の芸術祭「HAPPENINGS」

やってみたいことをやってみる。
それがいちばんシンプルで素直なものづくりのカタチだと思っています。
HAPPENINGSは、企画を公募し選考を通過した、「やってみたいことをやってみる美大生の部活」から生み出されたアート、デザイン、カルチャーを発信する芸術祭です。
次世代の“やってみたい”に刺激を与える、たくさんのハプニングを生み出す芸術祭を目指しています。

【プロジェクトサイト】 https://www.happenings.jp/

 

■本をつくってみたくなるART BOOK専門書店「D-LAND LOUNGE」

D-LAND LOUNGEは、クリエイターがつくったレアなZINEなどを扱う、アートブック専門書店です。さまざまなジャンルのクリエイターたちが表現したいことや、今ときめいていることをART BOOKを通じて感じ取ってもらえる機会を創出します。
また、ART BOOKの販売だけではなく、製本機を無料で貸し出すワーキングスペースなど、やってみたいことを本というカタチにして届けるクリエイターの活動をサポートします。※2019年7月オープン予定

 

<コンサル・プロデュース・コンテンツ制作事業>

美大生を中心としたクリエイターのコミュニティ、そしてスペースやメディアの運営を通じて培ったノウハウを活かし、さまざまな切り口であなたのビジネスを支援します。

 

■LUMINE CLASS ROOM

女子のためのカルチャースクールの運営を通じて、ファンコミュニケーションの深化へとつなげるプロジェクト
【オフィシャルウェブサイト】 https://www.lumine.ne.jp/classroom/

・クライアント:株式会社ルミネ
・エージェンシー:株式会社リライト

 

■東京地下ラボ by 東京都下水道局

編集のチカラで若者に下水道の魅力を届ける広報ツールを、美大生と一般大生が一緒につくり上げていくプロジェクト
【オフィシャルnote】 https://note.mu/tokyogesuido

・クライアント:東京都下水道局
・エージェンシー:株式会社オズマピーアール

 

■FONT SWITCH PROJECT

フォントをクリエイティブの味方につける優位性を知っていくプロセスを、美大生が学び、発信していくプロジェクト
【オフィシャルウェブサイト】 https://font-switch.jp/

・クライアント:株式会社モリサワ