About

 

わたしたちについて

わたしたちは
「みんなの中にある創造性を温め、孵化させることで、人もビジネスも共に成長する」
そんな場を創出できるような存在でありたいと思っています。

わたしたちが考える創造性の孵化とは、
「ときめきをカタチにして、カタチにしたものを価値として届ける」ことだと考えています。
誰かがときめきながら熱量をもってカタチにしたものは、
きっと誰かに価値として届くと信じています。

特に今日のような変化の時代においては、単なる過去の勝ちパターンの模倣ではビジネスの同質化が進むだけで、ビジネスはおろか人の成長にもつながりません。
ひとりひとりの創造性を温め、丁寧に孵化させることが独自価値となり、結果としてビジネスの成長につながると思っています。

D-LAND代表 酒井 博基

 

事業について

 

■D-LANDPAPER/額装したくなる美大生向けフリーペーパー

「DLAND PAPER」は、年に4回、毎号1万部を発行し、全国の美術系大学や専門学校など約150箇所にて配布しています。
印刷会社藤原印刷さんのご協力のもと、特集に登場するクリエイターとともに、印刷表現の可能性を追求し、額装したくなるほどの美しさを兼ね備えたフリーペーパーを目指しています。
美しいものに出会い、自分の手元に所有し、憧れに憧れることが、次世代のクリエイターの創造性を育む、いちばんのアプローチなのではないかと考えています。

<特集クリエイター>
2018年冬号/髙田唯さん
2019年春号/石田真澄さん
2019年夏号/西雄大さん
2019年秋号/とんだ林蘭さん

 

■HAPPENINGS/やってみたいことをやってみる美大生の部活の芸術祭

「あなたがやってみたいことって何ですか?」
いざ答えようとすると、意外とハッキリと答えられない人が多いのでは。
今自分がやってみたいことをいろいろ妄想してみる、自分に深く問いかけてみる、そしてカタチにしてみる。
わたしたちは、そうやってカタチになったものや、ならなかったものを集めた芸術祭をやってみたいと思っています。
HAPPENINGSは、公募選考を通過した美大生部活の企画から生み出されたアート、デザイン、パフォーマンス、カルチャーを発信する芸術祭です。
次世代の“やってみたい”に刺激を与える、たくさんのハプニングを生み出す芸術祭を目指します。

<プロジェクトサイト>
https://www.happenings.jp/

<プロジェクトムービー>
https://www.youtube.com/watch?v=eByAybSttho

 

■D-LAND LOUNGE/美大生のための放課後活動拠点

D-LAND LOUNGEは、美大生がつくったZINEやグッズ、作品を販売する「ショップ」、そして作品を展示をする「ギャラリー」を週末のみ営業しています。
また、イベントや貸切利用も可能で、アートやデザインのイベントはもちろん、プロジェクトや部活の打ち合わせをする「部室」としての利用や、お酒を飲みながらコミュニケーションを深める一晩限りの「スナック」など、使う人によって活用の仕方は無限です。
D-LAND LOUNGEは美大生の放課後をもっと面白くする、自由で創造的な活動が生まれる拠点でありたいと考えています。

<営業時間>
■金曜日/17:00〜22:00
■土・日曜日/12:00〜20:00
■月〜木曜日定休日

 

■JR中央ラインモール駅員制服デザインプロジェクト

地域連携の一環として、駅員制服のデザインを武蔵野美術大学の現役学生と一緒に考えるプロジェクト。
「駅と街をつなぐ駅員制服」をテーマに、プログラムに参加するメンバーを公募。駅見学やフィールドワーク、レクチャーを通じてプロジェクトの理解を深め、コンセプトやデザインをつくり込んでいった。
プログラムの最後に成果発表会を開催し、社員の前で学生の考えた制服デザインのプレゼンテーションを実施。

<JR中央ラインモール駅員制服デザインプロジェクト>
・クライアント:株式会社JR中央ラインモール
・担当業務:共創プロジェクト全体企画・運営・制作、美大生アサイン
・関連記事: https://tachikawa.keizai.biz/headline/2972/

 

 

■LUMINE CLASS ROOM

LUMINE CLASS ROOMは「ライフスタイルをアップデートして、暮らしをもっと楽しもう」をテーマに、内面のオシャレを磨くヒントを学ぶ、女子のためのカルチャースクールです。月の1回の開催で、毎回話題の講師を招き、60名の定員に対して200〜500名の応募がある、人気のイベントです。

<LUMINE CLASS ROOM>
・クライアント:株式会社ルミネ
・エージェンシー:株式会社リライト
・担当業務:全体企画・運営・制作、講師ブッキング、メディア運営
・オフィシャルウェブサイト: https://www.lumine.ne.jp/classroom/

 

■東京地下ラボ by 東京都下水道局

クリエイティブのチカラで若者に下水道の魅力を届けるZINEや映像などの広報ツールを、大学生がつくり上げていくプロジェクト。
博報堂ケトルの嶋浩一郎さんや映像ディレクターの中島信也さんから編集や映像の企画を学ぶワークショップや、下水道の施設を見学するフィールドワークなどを経て制作に入るプログラムを実施。

<東京地下ラボ by 東京都下水道局>
・クライアント:東京都下水道局
・エージェンシー:株式会社オズマピーアール
・担当業務:プロジェクト企画・運営サポート
・関連記事:

https://www.cinra.net/report/201812-shimakoichiro
https://www.cinra.net/report/201909-tokyochikalab_kngsh

 

■FONT SWITCH PROJECT

FONT SWITCH PROJECTは、フォントが大好きな現役学生から構成された「モリパス部」のメンバーとモリサワが運営を行っています。
「フォントの感性を”ON”にする」をテーマに、フォントをミカタにすることで、クリエイティブな活動をより良きものにして欲しいというコンセプトのもと、大学生に向けたフォントの魅力を伝える冊子を制作したり、イベントを開催するなどの活動をしています。

<FONT SWITCH PROJECT>
・クライアント:株式会社モリサワ
・担当業務:共創プロジェクト全体企画・運営・制作、メディア運営
・オフィシャルウェブサイト: https://font-switch.jp/